Part2 どの健康食品を選べばいいの?
実際に健康食品を試してみたいと思っても、自分に何が必要なのかがわからない。 また、同じような健康食品が沢山あるけど、どれを選べば良いかわからない・・・ と言った方も多いのではないでしょうか? そこで、健康食品を購入される場合に参考にして頂けるように、商品比較と対象者の面からまとめてみました。
どれを選べば良いかわからない?
似たような健康食品を比べる目安の一つに、栄養成分表示があります。 これは、日本で販売されている加工食品の購入を行う時に、その購入選択の補助を目的として表示されているもので、厚生労働省により定められた規則に従い、表示されています。
エネルギー(カロリー)、タンパク質脂質糖質(炭水化物)、ナトリウムは、必ず表示()されています。 その表示単位として多く見かけるのが、100g当たり、100ml当たり、一食分(量)当たり、などです。(単位が違えば、当然含有量も変わってきますので、単位には注意が必要です。) また、パッケージに記載されている「○○が豊富」とか、「△△を強化」などを含む物の強調表示には、基準値以上(表1)の量が入っていなければ表示できません。 逆に、「0%未満」とか、「低□□」などの含まない物の表示の時は、基準値以下(表2)の量でなければ表示できません。
 含有量が「0」であっても必ず表示しなければなりません。)
あれがこうで...

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 Copyright (C) 2001 Shiroyama Yakuhin Allrights reserved.