なに?どれ? 自分に合う健康食品がわからない?
健康食品のわかりにくいところに、その商品が持っている特徴を表す言葉が、植物の名前だったり、ミネラル名だったりする事があります。 そこで、この症状にはこの健康食品が良いと言われている代表的なものを、症状や体調別にまとめてみましたので、参考にしてみて下さい。
肝臓が気になる
 牡蠣、大麦若葉、田七・朝鮮人参、ゴマ
血圧が気になる
 イチョウ葉、霊芝、大豆サポニン、酢、DHA、朝鮮人参
心臓が気になる
 ニンニク、大豆サポニン、イチョウ葉、DHA、霊芝、アガリクス、
 田七・朝鮮人参、酢
ガンが気になる
 アガリクス、霊芝、ビタミンC、ビタミンE、大豆サポニン
高脂血症が気になる
 イチョウ葉、ニンニク、大豆サポニン、霊芝、DHA、ガルシニア、
 ギムネマ
肥満が気になる
 ニンニク、大豆サポニン、ギムネマ
糖尿病が気になる
 牡蠣、ニンニク、大豆サポニン、ギムネマ
食欲があまりない
 牡蠣、ニンニク、酢
栄養バランスが
気になる
 大麦若葉、牡蠣、ニンニク、各種ビタミン、各種ミネラル
疲れ気味
 牡蠣、ニンニク、酢
尚、健康食品毎の詳しい説明は、商品案内(健康食品)をご覧下さい。
ここに記載されている物以外にも、健康食品として販売されているものは沢山あります。 基本的には、なぜその成分が体に良いのかを理解してから、お求めになるのが良いと 思われます。(ここに記載されている食品・成分については、機会がありましたら、なぜ効果が期待できると言われているのか別途に特集を組んでいきたいと考えています。) 現在は、健康食品ブームと言われています。 誰でも、健康で長生きしたいと考えている事の証だと言えます。 しかし、その一方では、生活習慣病などの生活習慣に起因する病気が増加してきています。 その生活習慣の代表的なものが、食事と運動です。 これが改善できれば、予防できる病気もあります。 生活習慣の食事面をサプリメントするのが健康食品の役目だと考え、その食品が持つ特性を理解し、上手に生活に取り入れることで、病気を予防していけると考えます。

                  健康食品は薬ではありません。※

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 Copyright (C) 2001 Shiroyama Yakuhin Allrights reserved.