世界が注目する完全栄養食!『牡蠣』
昔から牡蠣(カキ)は海のミルクと呼ばれ、その栄養価の高さで珍重されてきました。 また、聖書にちなんで、「海のマナ(神から奇跡的に授かった神秘の食物)」と呼ばれる事もあります。 カキには、アミノ酸ビタミンミネラル不飽和脂肪酸グリコーゲンなど数十種類の栄養素が含まれます。 その為、完全栄養食と言われたりしています。
 牡蠣に含まれる成分を代表するミネラル達
 生命の源〜海。

 太古の海より発生した生命は、進化を繰り返しその体内に海を宿しながら
 陸上に上がった…。

 海にはあらゆる元素が含まれています。
 人間も体内に“血液”と言う名前の海を持っていて、微量ですが海と同じ成分が含まれ
 ています。また、カキにも海に含まれる成分のほとんどが含まれています。
 カキには、「亜鉛」「カルシウム」「」「」「カリウム」「セレン」「リン」「ヨード」「マグネシウム」
 「マンガン」など、人間が生きて行く上で欠かせないミネラルが含まれています。
 その中でも特に含有量の多いのが亜鉛です。 亜鉛は、ホルモンの分泌に必要なミネラ
 ルで、味覚障害・疲れ目・白内障・肝臓病・精力減退・不感症・生理不順に効果があ
 る他、女性の美容にも効果があります。また、カキにはカキの中に含まれる栄養素の中で
 最大の含有量を誇るタウリン必須アミノ酸がすべて含まれその他に、コレステロール
 グリコーゲンの他、各種ビタミンも含まれています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 Copyright (C) 2001 Shiroyama Yakuhin Allrights reserved.