特殊ミネラル 「亜鉛」
ミネラルは、現在知られている104の元素から、水素、酸素、窒素、炭素の4つを除いた残りを言います。 無機質、または灰分とも言われます。 最近は、ミネラルの研究により、色々な働きが明かされてきています。 その中でも注目されている特殊ミネラル亜鉛は、他の食品より多く含まれています。 ミネラル類の吸収効率を上げる為には、アミノ酸の共存が不可欠ですが、カキはこの点に関しても、ご〜か〜く!です。
低カロリーの食事では、亜鉛不足になりやすいので、亜鉛補給に気を配る事が大切になってきます。 カキには、インスリンの合成を活発にする「亜鉛」をはじめ、合成のエネルギーとなるグリコーゲンコレステロールを減らして血糖値を下げる効果がある「タウリン」も多く含まれます。 また、肝臓で糖分代謝を促進する「マンガン」や「クロム」、更には動脈硬化の原因であり、悪玉コレステロールを減らす「セレン」が含まれています。 加えて、合併症の中でも「糖尿病性網膜症」に有効です。 これは、糖分によって、網膜の毛細血管や神経細胞が損傷する事で起きます。 最悪になると、眼底出血を起し、失明してしまいます。 網膜には、亜鉛が多く含まれていて、不足すると、網膜の変性を招きます。 しかし、カキを摂る事によって、亜鉛が補給され網膜の神経が丈夫になり、ビタミンAタウリンで視神経の働きを助け、視力回復にも効果があります。
 牡蠣と強精
古来、英雄たちは好んでカキを食べました。 ジュリアス・シーザーがイギリス遠征を企てたのは、テームズ河口のカキの獲得が目的だと言う話しがあったり、フランスのナポレオンは、戦いの最中でもカキを食べていたと言われるほどのカキ好きでした。 「英雄色を好む」という言葉がありますが、これは歴史上の英雄は、皆、精力が強かったという事を表しています。 カキの持つ強精効果が、科学的証明を得たのは最近の事で、この精力増強に効果のある成分の代表は「亜鉛」と「アミノ酸」です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 Copyright (C) 2001 Shiroyama Yakuhin Allrights reserved.