牡蠣と美容
人間の体は、ケガや手術等で皮膚を傷つけても、新しい細胞を作って、傷を修復しようとします。 この傷になっている所では、細胞分裂と再生が繰り返され、細胞同士をつないでいるコラーゲンの合成も活発に行われているからです。 この細胞分裂やコラーゲンの合成には、亜鉛が多量に消費されます。 皮膚は、毎日少しずつ細胞の再生を行います。 特に、皮膚の層の一番上にある表皮は、28日で、全ての細胞が新しく生まれ変わります。 垢がでるのは、その為です。 皮膚の新陳代謝が活発に行われていれば、肌にはツヤや張りがあり、しっとりとしていますが、異常が起こると古い皮膚組織がいつまでも残こり、汚れたり傷つきやすくなってしまいカサカサした、荒れた乾燥肌になってしまいます。
この新陳代謝異常は、亜鉛不足で起こります。 亜鉛は、体内で必要とする、さまざまな酵素の原料となります。 皮膚の再生にも、この酵素が働いていて、亜鉛不足になると、これら酵素の働きが悪くなります。 従って、亜鉛を摂る事で新陳代謝が活発になり、肌は若返ります。 亜鉛には、肌の美白効果があるという事です。 更に、亜鉛には、シミの元となるメラニン色素の代謝を促す働きもあります。 ビタミンCにはメラニン色素が皮膚に沈着するのを防ぐ働きがある事は、皆さん良く御存知ですが、これは一度できたシミ・ソバカスには効果がありません。 ところが、亜鉛は、新陳代謝を活発にする為、細胞の入れ替えが早まり、できてしまったシミを解消し、肌を白くします。 この亜鉛は、カキに多く含まれている成分です。
更に、カキに多く含まれる成分のタウリンには、硫黄が含まれているので、温泉に含まれている硫黄が、肌を洗浄して、張りを持たせるのと同様、美肌効果に大変有効です。 また、カキに多く含まれている、鉄と銅には、貧血を防ぎ血液の循環を促す働きがありますので、肌の血色を良くしてくれます。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 Copyright (C) 2001 Shiroyama Yakuhin Allrights reserved.