ビタミンCの摂取量は?
ビタミンCの場合、十分すぎるほど摂取しても、まず心配はありませんので、少なめに摂るより多めに摂ることを心掛けて下さい。 「これ位でOK」という具体的な数字は、個人差や摂取する目的でも違ってきますので、一概には言えませんが、以下に一般的な量を出してみましたので、参考にして下さい。
栄養所要量
この所要量は、欠乏症を防ぐ意味合いの量になりますが、一日50mgとなっています。 この量は、毎回の食事に必ず、野菜や果物を摂ることで摂取できます。
生理的必要量
個人差がありますが、普通の生活を送っている人であれば、一日100〜400mgとなっています。 しかし、老化、激しい運動や労働、喫煙、酒の飲み過ぎ、ストレス等の場合は、この必要量は増大します。 このような方は、一般的な必要量より多めのビタミンCを摂取する必要があります。
保 健 量
ビタミンCの作用をフルに発揮させることにより、多くの病気を防ごうとするのがビタミンCの保健量です。 これは、生理的必要量をもとにして、個々の年齢、生活環境、体質、健康状態などを加味して自分で決めていきます。 次頁でも述べますが、ビタミンCをフルに作用させる為には、体内のビタミンCを満杯の状態で維持する必要があります。 これを維持するための量は、一般的に一日500mg〜1000mgの摂取が必要とされています。 尚、普段ビタミンCをあまり摂らず、ヘビースモーカー、大酒飲み、ひどいストレスを感じている人などは、ビタミンCが減少しきっていますので、1〜2ヶ月間、一日約2000mgを摂取し続けるとビタミンCが満杯状態になります。 体をビタミンCで満たす量とその後の維持する量は、摂取量が違いますので注意して下さい。 但し、ここの冒頭でも述べましたが、保健量とは自分で決めていく量になりますので、2〜3ヶ月間、一般的な量を参考にしていくと自分に合った最適の保健量がわかってきます。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 Copyright (C) 2001 Shiroyama Yakuhin Allrights reserved.