ミネラルウォーター
普段、何気に飲まれているミネラルウォーターですが、意外と知られていないことの一つに、ミネラルウォーターには種類があるということがあります。(商品名の違いではありません) 市販されているミネラルウォーターは農林水産省の「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」によって、以下の4規格に分けられています。
 ナチュラルウォーター
 特定水源より採取された地下水で、ろ過、沈殿、加熱殺菌以外の
 処理をしていない物
 ナチュラルミネラルウォーター
 ナチュラルウォーターの内、地下で滞留中にミネラル分が多く
 溶け込んだもの
 ミネラルウォーター
 ナチュラルウォーターの水で、ミネラルの調整や紫外線殺菌、
 オゾン殺菌などの加工を加えたもの 
 (複数の原水の混合もOK)
 ボトルドウォーター
 飲用に適した水 
 (水道水、純水、河川の表流水、蒸留水、など)
ここで言われている特定の水源(原水)とは、水道水の基準に合致していることが条件となっています。また、ナチュラルミネラルウォーターの条件である、ミネラル含有量に関しては、数値的な条件はないようです。基本的に、日本製のミネラルウォーターの多くは、軟水ですので、ミネラル含有量は少ないと考えて良いでしょう。 (※ 逆に輸入されたミネラルウォーターは、硬水の物が多いようです。 ラベルの表示を注意して見て下さい。結構、いろんな情報が書かれています。
また、ミネラルウォーターに含まれているミネラル分は、粒子が大きく、体内に吸収されにくいと言われ、大半は体外へ排泄されるので、ミネラル補給としてはあまり期待できないと言われています。 しかし、現在の状況では、水道水に比べると比較的安心して飲めることは間違いありません。 だからと言って、何でもかんでもミネラルウォーターという訳にはいきません。(お金が続くのであればできるのでしょうが...) この為、数年前から急激に浄水器の種類が増えてきていると思われます。

 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
  
  

 Copyright (C) 2001 Shiroyama Yakuhin Allrights reserved.