高齢化社会に向けた健康のために

  いつまでも、活き活きとした感性を...
  常盤薬品のイチョウ葉エキスは、良質の国内産イチョウ葉抽出エキスをはじめ、「イチョウ葉エキス」
  には、各種ハーブエキスなどを、「イチョウ葉エキス粒」には、GABA(γ−アミノ酪酸)などを、それぞ
  れバランス良く配合。
  壮年期からの毎日を、明るく聡明に過ごしたい方にお勧めする健康補助食品です。

イチョウ葉の歴史

  イチョウ葉は、古生代末期から氷河期を耐え、現在まで唯一、種族を保持し続けている生命力に満
  ちた植物です。 この事から『生きた化石』とも言われています。 植物学的には「イチョウ科イチョウ」
  という、1科1属1種の単独種の裸子植物で、日本で採れたものが珍重されています。
  イチョウの生命力に最初に着目したのは、ドイツのシュワーベ社とフランスのイプセン社という製薬
  会社で、二重フラボンという特殊な色素が含まれている事に興味を持ち、科学的に研究に着手しま
  した。 以後、研究は本格化し、ヨーロッパの病院では、医薬品として一般的に使われています。

フラボノイドとギンコライド

  植物にはフラボン、フラボノール、フラバノン等の「フラボノイド」と言う植物色素が含まれ、紫外線から自身を守る働
  きをしています。 イチョウ葉には、20種類以上のフラボノイドが含まれ、特にイチョウ葉だけに含まれるギンチケン、
  イソギンチケン等の特殊な二重フラボンや、テルペン類の一種である「ギンコライド」という物質も含まれており、体の
  状態をスムーズに保つことが知られています。

   

  

◆ヒメツルニチニチソウ
   南欧に生育するキョウチクトウ科
   の多年草の抽出エキスを新配合。
   特有の「ビンカミン」と呼ばれる有
   効成分を含みます。
◆ハーブエキス
   ウンシュウミカン、ショウガ、ウイキ
   ョウ、トウガラシ、カンゾウの5種類
   のエキスを配合しています。

  

◆GABA(γ−アミノ酪酸)
   米胚芽に含まれるアミノ酸の一
   種で、脳や脊髄に多く存在する
   ことが知られている栄養素です。
◆ビタミンE
   ビタミンEは、体に必要な栄養素
   ですが、体内では合成されないこ
   とが知られており、食事などで摂
   取しなければなりません。

 
 

 Copyright (C) 2001 Shiroyama Yakuhin Allrights reserved.