●アレルギーには、どんな種類があるの?
 一言にアレルギーと言っても反応には1〜4型の4種類があり、
 代表的なものは1型と4型です。

1型・・・IgE抗体依存型過敏症
1型反応は、体内に抗原が侵入(食べる、吸い込む、皮膚にすり込む、など)してくると、体内で、IgE抗体が作り出されます。 更に、抗原との結合反応が起こった個所の細胞が刺激を受け、ヒスタミンなどの科学伝達物質を吐き出します。 この物質が浮腫や炎症などの原因となり、鼻炎、喘息、じんましん、皮膚炎などのアレルギーを引き起こします。

2型・・・抗体依存型・細胞傷害性過敏症
特異抗体によって細胞溶解現象が起こり、過敏症を起こすもので、異型輸血反応や重症筋無力症等があります。

3型・・・抗原抗体複合体依存性過敏症
         3型は、細胞とは無関係の抗原と、抗体の複合体に
         よって起こる組織傷害を言い、
         血清病や慢性関節リウマチなどの膠原病が含まれています。

4型・・・細胞免疫機序による過敏症
4型は1〜3型と違って、リンパ球が中心となって起こる免疫反応が、基になる過敏症です。接触性皮膚炎などがこれにより起こると考えられており、薬品や金属によるかぶれは、この4型です。 また、アトピー性皮膚炎も4型が関与している説もあります。

一般的にアトピーと呼ばれるのは1型の反応で、気管支喘息、じんましん、食物アレルギー、花粉症、一部の薬物アレルギー、などがあります。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 

 Copyright (C) 2001 Shiroyama Yakuhin Allrights reserved.