●アトピー性皮膚炎の特徴と症状
 《特徴》・・・強いかゆみ、治りにくい、再発しやすい、
        季節により症状が変化。
 
 《症状》・・・年齢によって変化。

  乳児期(生後1ヶ月〜2歳)
   顔、頭部に赤い発疹が出てかゆがり、湿疹が次第に胸、手首、足首、背中などに
   広がります。間違えやすい疾患に、あせも、乳児脂漏性湿疹(かゆみがない)が
   ありますので、自分で判断せずに医師に相談したほうが良いでしょう。

  幼少時期(3〜12歳)
   腕、足、背中に褐色、または紅褐色の鳥肌のような丘疹(きゅうしん)が
  多く出て、非常に強いかゆみを伴います。また・肘・膝の裏側の皮膚
  厚くなる場合もあり、強いかゆみが出てきます。
  (ひどい時には、象の皮膚のような「苔癬化(たいせんか)」という
  状態になる)

  思春期・成人期(12歳〜) 
   苔癬化が悪化し範囲も広がってきます。顔色が灰青色や赤ら顔になり、
   の回りは黒ずみ、シワが目立ってきます。

 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 Copyright (C) 2001 Shiroyama Yakuhin Allrights reserved.