見えない恐怖! 糖尿病
糖尿病には1型と2型があり、日本の糖尿病患者の90%以上が、この2型糖尿病です。
この2型糖尿病患者の大部分の人は、ほとんどか全く症状が現れません。
その為、自分が糖尿病である事に気が付かない間に、除々に症状が進行していきます。
現在、全国の糖尿病患者数は、約700万人いると言われ、
3大生活習慣病の1つとなっています。
この人数を40代以上の人口に当てはめると、10人に1人以上という計算になります。
また、一度発症すると、一生治療を続けていかなければならない病気だと言われ、
食事制限や運動などの厳しい自己管理が必要になってきます。
 糖尿病
人の体は通常、食べ物の一部をブドウ糖へ変換し、このブドウ糖を血液に乗せ体中に運び
燃料として使える状態にしてあります。この糖分を細胞が受け取る時の裏側にある膵臓
作られるインスリンの力が必要になります。糖尿病はこのインスリン分泌の異常や作用の
欠乏から起こります。

糖尿病になると、多くのブドウ糖が、エネルギーとして消費されないまま血液中にとどまっている状態になり、血糖値が高いまま放置しておくと合併症を併発しおよび腎臓神経系に支障をきたしてきます。インスリンが正常に分泌されないのは、ランゲルハンス島のB細胞になんらかの異常が起こった場合です。遺伝要素が関係していると考えられており、糖尿病にかかりやすい体質に、肥満や細菌感染、ストレスが加わった時に発症しやすいと言われています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
  
 
 
 

 Copyright (C) 2001 Shiroyama Yakuhin Allrights reserved.