糖尿病の怖いところは、そこから誘発される合併症にあります。合併症が出てしまうと、通常の社会生活が困難になります。
その為、専門医による正しい治療と管理が必要になります。

主な合併症は、三大合併症と言われる、糖尿病網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害の他に、糖尿病性昏睡、下肢の壊疽などがあります。
 糖尿病網膜症     
  眼底の網膜に血管障害が起きたもので、失明につながる場合もあります。
 糖尿病性腎症     
  腎の糸球体を中心に血管障害が起きたもので、障害が高度になると、尿毒症になり、
  さらに腎盂腎炎や膀胱炎も起こしやすくなり腎臓の働きがさらに悪くなります。
 糖尿病性神経障害  
  抹消の知覚神経が侵され、下肢の神経痛やしびれのような感覚を起こす。
 糖尿病性昏睡     
  インスリン不足によりエネルギー源として脂肪が使われ分解される。分解時にできる
  アセトン体が増えると血液が酸性に傾きアシドーシスという状態になり、ひどくすれば、
  意識が混濁し糖尿病性昏睡と言う危険な状態になります。

 下肢の壊疽

  下肢の動脈の内腔が狭くなったり神経障害が原因で、足の血液循環が悪くなり
  腐ってきます。ひどくなるとまで腐ってしまいます。
  この他にも、糖尿病性白内障や肺結核、高齢者では動脈硬化症、脳梗塞、
  心筋梗塞も起こしやすくなります。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
  
 
 
 

 Copyright (C) 2001 Shiroyama Yakuhin Allrights reserved.