配置薬(置き薬)のシステムについて

城山薬品の置き薬
01

先に使って後から支払い。『先用後利』のシステムです。

急な腹痛や発熱時に、自宅に薬があれば便利ですが
買い揃えておくのは費用がかかって大変です。
城山薬品は、お薬箱を無料にてお届けしていますので
商品の前金や保証金など費用はかからず
いざという時の備えに必要なお薬が準備できます。
必要な時に必要なお薬だけを御使用下さい。

02

『健康アドバイザー』が定期的に訪問します。

城山薬品では、健康アドバイザーが2~3か月に一度訪問し
季節に合わせたお薬箱の中身をお客様と一緒に作ります。
当然、お薬の使用期限の点検もしっかり行います。
また、お客様の生活習慣に合った健康情報の提供も行いますので
健康管理についても気軽にご相談ください。

03

急な時にも対応できます。

お薬が切れてしまったり、急にお薬が必要になった場合など
訪問時期でなくても、お電話1本で伺います。
もちろん、お使い頂いたお薬の代金のみを頂くシステムですので
お使いにならなければ代金は発生しません。
また、御不用となった場合はいつでも引き取ります。